メニュー

会社員のうちにキャッシング申込をしておこう!

申し込みをするタイミングも重要

今まで、キャッシングのお世話になることはなかったから、今後も困ることはないと思う人はいるかもしれません。ただ、万が一の事態に備えてすぐに使えるように、融資枠を作っておくとよいこともあります。どのようなタイミングでキャッシングに申し込めばよいでしょうか。

たとえば、転職する前にキャッシングに申し込むと良い場合があります。キャッシングの審査では、勤務年数を見ます。勤務している年数が短いと、高額融資に応じてくれないことがあります。転職する前に、ぜひ申込でおくとよいでしょう。

さらに、今の会社を辞めてベンチャー事業に乗り出すなど、新しく仕事を立ち上げるときも、その前にキャッシング審査を受けるとよいでしょう。自営業者は、やはり審査が厳しくなりますし、用意する書類も複雑になります。いざという時に困らないように、融資枠を作っておくと安心ですね。

また、もちろん退職してしばらく旅に出る・・なんてときも、会社に勤めているうちに、融資の審査を受けるとよいのではないでしょうか。今後何が起こってもいいように、事前に対策をしておきましょう。

このように、在職中にキャッシング枠を作っておくとよいでしょう。転職や会社を立ち上げる予定があるなら、なおのこと安心です。

クレカキャッシングの審査について

キャッシングというと、かつては消費者金融でしたが、現在ではクレジットカードのキャッシングも増えてきています。では、クレジットカードのキャッシングのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

それは、審査がないことです。というと語弊があるのですが、あくまでもキャッシングをするときには審査がないということです。クレジットカードを発行する際には、もちろん審査があります。

クレジットカードを申し込むのは、リーフレットやオンライン申込みなどの方法がありますが、いずれのケースにおいても必ず審査があります。消費者金融や信販会社のキャッシング並みの審査があると思っていただいていいでしょう。

審査の結果発行されたクレジットカードには、ショッピング枠とともにキャッシング枠がついていることが多いです。ショッピング枠に比べると、キャッシング枠は微々たる物で、100000円程度が最初のキャッシング枠となります。

そして実際に、クレジットカードを使ってキャッシングをする際には、改めてそのための審査を受ける必要はありません。もちろん、キャッシング枠の金額に満足が行かず、増額を申し込む際には別途審査を受ける必要はありますが・・・。

無理の無い利用、それが何より大切です

キャッシングやカードローンは申し込みや利用も簡単で誰もが便利に利用できます。ですが、無理な借入れをしてしまうと返済がとても大変になります。便利だからこそ、計画的な利用が必要になってきます。

返済に苦労しない為の方法は色々とあります。まずは不要な借入れをしないこと。これはとても大切なことです。

他の方法としては余分なお金をなるべく抑えることが大切です。

余分なお金を抑えるのに有効なのは金利の低い会社を選ぶことと、手数料のかからない借入れ返済方法を選ぶこと、そして無利息期間を有効に使うことです。ただ、それを全て兼ね揃えている会社もありません。何を重視するかは利用の仕方によって変わってきます。

金利は人気のある業者間ですとあまり差はありません。低金利と書いてあっても高額の借入れの場合で、普通に借入れした場合に適用される上限金利についてはあまり差がないのが現状です。

借入れや返済に手数料がかかるのは本当にもったいないことです。完全手数料無料の会社はありませんが、特定のATMを使った場合は無料だったりします。

無利息期間は上手く使えば利息を大きく減らせます。ただ初回のみだったりがほとんどです。中にはノーローンの様に短期間ですが何度でも利用可能な会社もあります。

何を重視すればご自身が払うお金が少なく出来るかは、利用方法によって変わります。契約前によく考えてお得で便利な借入れ先を見つけてください。